何故花粉症の症状が出ない人もいる?

花粉症はアレルギー反応のひとつで花粉が多く飛ぶ季節に症状があらわれる、季節性のアレルギー鼻炎です。
アレルギーは身体の免疫機能が、特定のアレルギー原因となる抗原(アレルゲン)に過剰に反応することでおこります。
免疫反応は身体に侵入する異物を排除するめに働く、健康を維持するために必要な自己防衛システムですが、過剰な免疫反応が花粉症を引き起こしてしまうのです。

花粉そのものは、ウィルスや病原体のように身体に害を及ぼすものではありません。
しかし、異物から身体を守ろうとする免疫機能が花粉を「有害なもの」と認識してしまうと、IgE抗体という抗体を作り出してしまうのです。
IgE抗体は、花粉症などのアレルギーの発症に深くかかわっています。
IgE抗体は免疫グロブリンEというタンパク質でアレルギー原因となる抗原(アレルゲン)と結合して、ヒスタミンなどの体内で炎症を起こす化学伝達物質を肥満細胞から放出させ、アレルギー反応を引き起こすのです。

IgE抗体は花粉を吸い込んだり、体内に侵入するたびに、目や鼻、喉の粘膜などで増えていきます。
そしてIgE抗体が一定の量まで増えて身体の許容範囲を超えてしまうと、体内に広がった抗体が花粉と結合することでアレルギー反応が引き起こされ、炎症が起こり花粉症の様々な症状を引き起こしてしまうのです。

花粉症を発症する原因は、免疫機能の低下も理由のひとつです。
片寄った食生活による栄養バランスの乱れや、ストレス。
不規則な生活による睡眠不足、運動不足など生活習慣の乱れによる免疫機能の低下、そして居住している地域の花粉の量などの環境にも影響されるのです。

しかし、花粉の量が多い地域に住んでいても、花粉症の症状が出ない人は存在するのです。
症状が出る人と出ない人の違いとして花粉症になりやすい人は、IgE抗体などの抗体を多くつくりやすいといった、アレルギーが出やすいアレルギー体質が理由のひとつとして考えられるのです

花粉症は遺伝的にかかりづらい人もいる

花粉症は、遺伝による影響が大きい病気と言われます。
花粉症の発症に大きく影響する、IgE抗体などの抗体を多く作りやすい体質がアレルギー体質とされるのです。
両親がアレルギー体質の場合、親のどちらかが花粉症だと発症する確率は約30%、両親がともに花粉症アレルギーの場合は約45%といわれます。
逆に両親が花粉症でない場合には、花粉症の子どもは約11%と低い割合なのです。

しかし両親が花粉症で、アレルギーを発症するリスクが高い体質だとしても、必ずしも花粉症を発症するわけではないのです。
両親に花粉症アレルギーがなくても、子どもだけが発症するケースも多いことから、花粉症は遺伝の影響は大きいものの、食習慣などの生活習慣の乱れやストレスによる免疫力の低下など、遺伝以外の後天的な理由で発症する場合も多くみられるのです。

その逆に花粉症にかかりづらい発症しにくい人は、IgE抗体を作りにくい体質で、免疫力が高いなどの遺伝的な理由が考えられるのです。
免疫力が高く花粉症にかかりづらいとされる体質には、基礎体温の高さもあげられます。
基礎体温が高いと細胞の新陳代謝が活発で免疫力も高いとされるのです。
健康な人の基礎体温は約36.5度の比較的高い体温といわれます。
逆に体温が低い低体温体質は、血流が悪いため免疫力も低く、病気を発症しやすいといわれているのです。

とはいえアレルギーが出にくい体質でも、生活習慣の乱れは免疫力の低下につながり、花粉症のリスクが高くなってしまうのです。
そして、遺伝的に発症しやすいアレルギー体質でも、食習慣や睡眠時間などの生活習慣に気を付け、日頃から花粉を吸い込まないなどの対策をおこなっていれば、発症のリスクを減らすことができるのです。