発熱が起きるのも花粉症の症状!?

花粉症の症状と言えば、辛い目のかゆみを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
しかし、発熱も花粉症の症状として現れることを知っていますか。
微熱なら出たことがあるかもしれませんが、実は38度以上の高熱になることもあるのです。

このような高熱の原因は、花粉アレルギーによって体の免疫力が低下してしまうことにあります。
花粉症の症状が出ていると同時に、何かの原因で風邪を引いてしまった、という場合、普段なら微熱で済むところが花粉アレルギーのせいで高熱になってしまうというわけです。
しかし、花粉症で発熱したのか、通常のひどい風邪なのか、どのように見分ければよいのでしょうか。
そんなときは、まず鼻水を見てみましょう。

さらさらとしているなら花粉症、逆にどろっとしているなら風邪の可能性が高くなります。
また、咳が出る場合や、体の関節が痛む場合は通常の風邪と考えてよいでしょう。
一般的に花粉症と風邪を見分ける方法はこの通りですが、まれに風邪だと思って病院にかかると花粉症が原因だと診断されたケースもあります。

さらさらとした鼻水にくしゃみがよく出る、またなかなか症状が治まらない、そのようなときは花粉症が原因になっているかもしれません。
また、市販の風邪薬を飲んでも効果が感じられないというときにも花粉症を疑ってみてください。
花粉症による発熱には、同時に喉の痛みを伴うこともあります。

鼻づまりによる口呼吸や、鼻が口呼吸によって乾燥した喉に流れてしまうことが喉の痛みにつながるのです。
うがいをこまめに行い、のど飴をなめるなどして喉を潤すようにしましょう。
このように花粉症によって発熱する場合、体がアレルギーに耐えきれない、という状態になっている可能性が高くなります。

毎年花粉症の時期になると高熱が出る、という人は要注意です。
そのような人は病院を受診し、自分に合った治療法を見つけるのが最善でしょう。
ステロイド注射など様々な対策が可能です。

花粉症による発熱は運動をして下げる

上記の通り、花粉症での高温の発熱は、花粉アレルギーによって体の免疫力が下がってしまうことにあります。
では、熱を下げるためにはどのような対処法がよいのでしょうか。
少し意外に感じるかもしれませんが、花粉症が原因となっている発熱には運動が効果的なのです。

運動は対処法としても有効ですが、花粉症の予防にも効果が期待できます。
発熱した体は免疫力が低下した状態です。
そこで免疫力を高めることが1番の改善策なのです。

運動はウォーキングやジョギングなど、軽めの有酸素運動がいいでしょう。
なぜなら有酸素運動は継続して行うことで体の基礎体温を高める効果があるからです。
体温が上がれば免疫細胞が活性化され、同時に花粉症や風邪予防にもつながります。
有酸素運動を行う時間帯としては早朝がおすすめです。

午後になるほど花粉の量も増え、花粉症の人にとっては運動を行うのは辛いものです。
そこで花粉がまだ少ない早朝に行ってみてはいかがでしょうか。
目覚めてからまだ時間が経っていないので体温も低く、運動によって体温を高めることにもなります。

運動する時間としては30分から1時間ほど行うのが理想です。
自分の体調に合わせて調節してください。
有酸素運動の他にも、基礎体力トレーニング、ストレッチも効果的です。

どうしても発熱している間は体はだるく、重くなってしまいがちです。
そんなときにおすすめなのが基礎体力トレーニングやストレッチになります。
くしゃみがひどくてあまり外に出たくないという人も室内でできる運動なら安心なのではないでしょうか。

ストレッチでは全身の筋肉を動かすようなイメージで、ゆっくりと痛くない程度に行ってください。
さらに、体温を高めるという点でお風呂に浸かるのも効果的です。
40度くらいのぬるめのお風呂に10分から20分くらい浸かると、体がぽかぽかと温まるのがわかります。