花粉症にはヨーグルトが良い?

花粉症は多くの方が悩んでいるアレルギー性鼻炎です。
毎年春になると多くの方が悩まされているスギ花粉、これ以外にもヒノキ、ブタクサ、カモガヤなどの花粉が原因となっています。

現在花粉症の症状を軽減する飲み薬の抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬がありますが、完全に治す薬はありません。
しかし、現在花粉症を改善する方法としてヨーグルトの摂取が注目されています。
ヨーグルトを食べて乳酸菌を体内に取り入れると、腸内環境が整えられてアレルギーの症状が緩和されます。
どのような仕組みで花粉症に効くのかというと、それはヨーグルトを食べると、花粉に対する抗体の反応をおさえることができるからです。

人間の身体にはヘルパーT細胞と呼ばれるリンパ球があり、免疫システムを統制しています。
このヘルパーT細胞にはTh1とTh2の2つの種類があり、一方の数が増えるとどちらかの数が減るといった対の関係にあるものです。
このヘルパーT細胞のTh1よりもTh2が増殖して多い状態にある人は、花粉症を発症するということが研究から解明されています。

ウィルスや病原体が体内に侵入すると、それを排除するかどうか判断を下すのが人間の身体です。
このとき排除すべき物質なら体は抗体を作り体を守ろうとします。
Th2が多いと通常なら反応をすることもない花粉が侵入してきたときでも、アレルゲン物質だとしてインターロイキンが分泌され、この影響で肥満物質からIgn抗体が作られます。
再び花粉の侵入があるとこの抗体が肥満細胞と結びつき、花粉を体外へ排出しようとヒスタミンなどの化学物質が分泌され、この結果としてアレルギー症状が出るのが花粉症です。

このTh1とTh2のバランスをとる働きがあるとされるのが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。
人間の体の免疫機能は腸に7割が集まっているので、ヨーグルトを食べ乳酸菌を摂取するとTh2の増殖がおさまり、抗体の過度の分泌が抑制され花粉症の改善が期待できます。
花粉症を改善してくれる代表的な乳酸菌としては、L-55乳酸菌、ビフィズス菌LKM512、フェカリス菌などがあります。

花粉症シーズンの1ヶ月以上前からヨーグルトを食べる

ヨーグルトを食べることは、体内の免疫機能のバランスを調整して抗体の働きを抑えられるので花粉症対策として有効です。
しかし、ヨーグルトを1食食べたからといって効き目が現れるようなものではありません。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が体内の環境を改善し、免疫機能のバランスが正常になるには時間がかかります。

このため、乳酸菌の効果を得るためには花粉シーズン前に、一定の期間継続して食べなくてはいけません。
くわえて、乳酸菌は体内には長くとどまれないということもあり、常にヨーグルトを食べて乳酸菌を補充しておく必要もあります。
また、症状が改善されていたとしても、花粉シーズンが終わるまでは食べ続けなくてはいけません。
食べることをやめると症状は再び姿を現します。

それでは、どのくらい前から行えばいいのかというと、最低でも1ヶ月以上前からはヨーグルトを食べ始めた方がいいでしょう。
1ヶ月あれば体質の改善が図れるとされています。
それに、同じ乳酸菌を取り続けつことが良いと推奨されているので、毎日同じヨーグルトを食べ続ける必要もあります。
ヨーグルトを次々と違う商品に替えるのはよくありません。

さらに、食べ方にも工夫が必要です。
乳酸菌は酸に弱いという性質を持ち、空腹の状態でヨーグルトを食べると胃酸で多くの乳酸菌が死滅してしまいます。
胃酸の影響を受けづらい、食後に食べるようにするといいでしょう。
これには、胃酸に強い乳酸菌を含むヨーグルトがあるので、こちらを食後に摂るようにするとより乳酸菌を生きたまま腸に届けられるでしょう。

よく知られたものではL-55乳酸菌、ビフィズス菌LKM512があります。
この2つは胃酸に強いという性質を持っている乳酸菌です。
他には、胃酸で死滅した状態で摂取しても、効果のあるフェカリス菌もあります。
ヨーグルトを選ぶときは参考にしてみてください。

花粉症の方は花粉の飛散する1ヶ月以上前にはヨーグルトを食べる習慣をつけて、腸内環境を整えて体質を改善し花粉シーズンに備えておきましょう。