鼻水自体の色を見て原因を把握する

鼻をかむ女性 鼻水が止まらない場合、病気ではないかと考えてしまいます。
鼻水が出る原因は様々あり、必ずしも病気とは限りません。
鼻水は水分の多い鼻汁で、その成分は鼻腔内の粘液と大気中のホコリ等が含まれています。
この鼻水と一緒に咳やくしゃみ・鼻づまりが伴うならば、風邪などが原因と疑われます。

鼻水は鼻腺や杯細胞から分泌された粘液と、鼻内部の血管から染み出てくる浸出液から出来ています。
これらに大気中のホコリが加わることで、はじめて鼻水となります。
この作用は体内の不要な物を排出する役割があり、体内に入ってしまったウィルスや菌などを取り除いてくれます。

鼻づまりで起こる止まらない鼻水では、さまざまな色が着いていることがあります。
黄色・緑・黄緑・透明・ねばねばなど状態は多様です。
この色によって自分の状態を把握し、原因を解明する役にたてられます。
黄色や緑・黄緑・ねばねば状態であるなら、風邪の増悪期や細菌感染が疑われます。
鼻水が透明でさらさらしていれば鼻風邪の引き始めやアレルギー性鼻炎、血が混ざっている・血の塊りが含まれる場合は風邪やアレルギー性の病気など様々考えられます。

止まらない原因として最も多いのが、アレルギー性鼻炎・花粉症・風邪などです。
風邪ならばウィルスを、アレルギー性鼻炎・花粉症であれば体内に入ってしまったアレルゲンを排出するためと考えられます。
また、過敏症や急性鼻炎も原因として疑われます。

自律神経が乱れている人は、鼻水が止まらないことがあるようです。
自律神経はリラックス効果のある副交感神経と、身体を緊張させる交感神経から成り立っています。
これが乱れて仕舞うと、バランスが崩れて粘液の分泌が増えてしまいます。
ほかにも食生活において動物性タンパク質を摂り過ぎていたり、脂っこいものを好む人は症状を悪化させる可能性があります。
また、ただの鼻水だからと放置してしまうと、蓄膿症や鼻炎を悪化させてしまったり、最悪の場合は中耳炎など耳の病気を起こしてしまいます。

鼻うがいをして鼻の内部を綺麗にする

鼻水が止まらないときに、すっきりするために鼻うがいという方法があります。
鼻うがいは水を鼻から吸い入れ、口から出す洗浄方法です。
慢性の鼻炎などを患っていると、何度鼻をかんでも鼻の奥が詰まった感覚が取れずにうっとおしいものです。
鼻と口は繋がっているので「うがい」をすることはできますが、無理に行うとプールで鼻から水が入ったときのように、頭と鼻の奥がツーンとした痛みが起こります。

また子供の鼻づまりでは上手に出来ない可能性が高いので、鼻うがいは止めておいた方が良いでしょう。
耳鼻科で鼻の洗浄をしてもらうことが最善の方法です。
大人でも、安易に行わないことを覚えておいてください。

鼻うがいをする場合、いくつか注意しておくことがあります。
それは真水ではなく塩を入れた水を使用すること、その際の塩分濃度、そして殺菌してあることです。
真水で鼻うがいをしてしまうと、プールのとき同様、鼻に嫌な感触が起こります。
ですので塩分濃度が重要で、体液と同じ0.9%の塩水を作ります。
0.9%とは水1lに対して、塩9gを入れます。
刺激が少ないように、温度は35度と少し温めにしておきましょう。

さらに重要なのは水を殺菌することです。
水道水はそのまま使わずに、1度沸騰させたものをつかってください。
慣れないはじめは鼻から入れて、鼻から出します。
片方の鼻を押さえて水を吸い込み、飲み込まないように息を止めて、水をだします。
最後に鼻をかんで、水を全部出して終わりです。
これを3回から5回、やりすぎると粘膜や腺毛を傷める原因になるので、朝と晩1回ずつ行います。

この方法に慣れてきたら、口から出すように練習します。
鼻から勢い良く水を吸い込み、息を止めて水が口のほうへ流れて行くよう、少し上を向くようにして口から水を吐き出してください。
注意すべきことは、水を飲み込まないようにすることです。